ごあいさつ

 私ども「三全」は、昭和32年(西暦1957年)に「金型の設計製作・プレス加工」を主事業とする「三全プレス工業株式会社」として創業し、その後アッ センブリなどの業務多様化に伴い昭和55年に現在の名称「三全精工株式会社」となり、創業から60年の歴史を刻んで参りました。
  半世紀以上に及ぶ歴史の中で蓄積した独自の開発力・技術力 は、光学機器、電子機器、自動車関連機器など幅広い分野の業界から高い評価を獲得しており、金属製品の「プレス加工」を主軸に「順送金型の設計・製作」 「試作品製作」「SUB-ASSY(組立作業)」などを手掛け、お客様のニーズに幅広く対応致します。
 また、タイ王国に海外工場として「SANZEN SEIKO THAI LTD.」を保有し、日本と同等な高品質で低価格に対応した量産加工品を生産しています。
 そして常に新しい技術への探求心を忘れず、企画開発部による「新素材・難加工材」への取組みや三全独自の加工方法の開発など、日本の製造業の将来を見据 えた取り組みも積極的に行っております。
 合理化改善として、切削品やダイカスト品を弊社加工技術によりプレス化をしてリードタイムの短縮と低価格の実現をご提案致します。

 三全精工は「スピードと情熱(Speed & Passion)」を合言葉に、モノ造りを通して世界に貢献できる「働き甲斐のある会社」を目指している未来志向の元気な会社です。

  kamijo
  代表取締役社長  上條 一哉

 経営理念

 一、働き甲斐のある職場づくりに努め、社員ひとりひとりの幸せと会社の存続・発展を
        追求し、会社に関わる全ての人との相互繁栄を図る。

 一、世の中に感銘を与える会社を常に目指し、ものづくりを通じて社会の発展と
        生活福祉の向上に貢献する。

 経営方針

 一、我々は常に時代の先端技術を習得して、顧客満足度一番になることを目指す。

 一、我々は常に一致団結して公正な競争に果敢に挑戦をする。

 一、我々は常に共同の目的を設定してこれを実行するよう努力する。

 一、我々は常に能力を発揮する者はその地位を与えられ、自らの能力を発揮する者に
   その報酬は支払われる。

 

役員構成

 代表取締役社長   上條 一哉

 取締役営業部長   伊藤 篤

 取締役製造事業部長 田舎中 修

 取締役(非常勤)  上條 健

 取締役(非常勤)  小松 要司

 取締役(非常勤)  宇治 伸泰

 監査役(非常勤)  小松 守

 監査役(非常勤)  上條 英明

社長のミニプロフィール

生年月日
1968年(昭和43年)9月生まれ
座右の銘
「急がば回れ」 (補足:普段がセッカチな性格の為)